標準単価について
標準単価イメージ写真
コーラルハウジングでは、標準坪単価というのものは設定しておりません。
なぜなら、建物の価格は形状、仕様、設備によって大きく異なるからです。

ローコストを売りにしている大手ハウスメーカーやフランチャイズ系の住宅会社は、広告で坪単価25万円〜などと謳っていますが、この単価には、屋外給排水工事や網戸、電気引き込み工事代などは通常含まれておりません。変更や追加工事に対しても、オプション工事として割高の金額が設定されています。坪単価にしても、延床面積に対してのものなのか、施工面積に対してのものなのかで大きく違ってきます。その結果、最終的に完成した建物は、坪単価に換算すると40万円以上はかかっているのが一般的です。

これに対して、コーラルハウジングでは、1棟ごとに詳細見積りを提示し、お客様に十分納得していただいたうえで
ご契約いただいております。
あくまでも参考ですが、延床面積40坪のアイシネン気密断熱工法の場合、屋外給排水工事およびオール電化
(エコキュート)の費用こみで50万円/坪(税別)くらいが当社の平均価格です。

資金計画について
資金計画イメージ写真
「家を建てよう」と思ったら、まず必要なのは資金。マイホームは一生に
一度の大きな買い物ですから、先々のこともよく考えて、しっかりとした
資金計画を立てておくことが大切です。

家を建てるには次のような資金が必要になります。
@土地を購入する費用(土地代・仲介手数料・登記費用など)
A家を建てる費用(建築工事費・確認申請費・外構工事費など)
Bその他の費用(引越代・式典費・税金・ローン諸費用など)


住宅ローンシミュレーター
住宅ローンについて
住宅ローンイメージ写真
住宅金融公庫による直接融資にかわって新たに登場した「フラット35」は、
公庫と銀行が提携した住宅ローン。「フラット35」という名のとおり
(フラット=価格・料金が固定した)、最長35年間の長期固定金利が
特徴です。融資の条件などは、どの銀行でも同じですが、
金利や手数料は 銀行によって少しずつ違います。
また、それぞれの銀行が独自に扱っている「変動金利型」や
「一定期間固定型」のローンとの組み合わせも可能です。
また、「フラット35S」よりも低金利な兵庫県産材を利用した「県産木材住宅ローン」の利用も可能となりました
コーラルハウジングでは、住宅ローンアドバイザーがお客様の資金計画、返済計画にあった商品をご提案いたします。
火災保険について
火災保険イメージ写真
大切な家と財産を守るため、火災保険や地震保険にはぜひとも加入することを
お勧めします。 また、住宅ローンを借りる場合は、かならず火災保険に加入
しなければなりません。
住宅の場合、火災保険は長期加入されたほうがかなり割安です。保険料の自由化にともない、補償内容、保険料は 保険会社ごとに異なってきています。また、さまざまな割引もあります。たとえば、木造住宅でも省令準耐火を取得すれば、火災保険料は通常の木造住宅の約半分です。
オール電化割引や地震保険では、耐震等級に応じた割引の適用もあります。
コーラルハウジングでは、火災保険や地震保険のご相談、ご加入もうけたまわっております。