長期優良住宅とは?

長期優良住宅とは、平成21年6月4日に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に対応し、長期にわたり良好な状態で使用するための措置(住宅性能評価における耐震等級2以上、劣化対策等級3、維持管理対策等級3など)が講じられた優良な住宅であると認定されたものです。

長期優良住宅に認定された住宅は、所得税(ローン減税)、固定資産税など、さまざまな税制上の恩恵が受けられます。

コーラルハウジングでは、長期優良住宅の基準に適合する新築木造住宅を建てています。

木造住宅の性能比較
モデルルーム内



コーラルハウジングの長期優良住宅の主な仕様

     
構造安定:
許容応力度計算による耐震等級3を基準としており、 長期優良住宅に求められる耐震等級2以上をクリアしています。

主な計算・検討項目

  • 地震力・風圧力の算定
  • 鉛直(水平)構面の許容耐力と剛性の算定
  • 偏心率とねじれ補正係数の検討
  • 鉛直(水平)構面の負担水平力に対する検討
  • 長期常時軸力、短期積雪時軸力、耐力壁の許容耐力時の軸力
  • 柱の長期・短期荷重の検討、土台・梁のめり込み検討
  • 梁、母屋、垂木の検討
  • 柱脚柱頭の引張耐力の検討
  • 横架材接合部の引張耐力の検討
  • べた基礎時:接地圧とスラブ筋の検定
  • 基礎梁の断面と配筋の検定
  • アンカーボルトと土台の検定
  • 層間変形角と剛性率
 
劣化軽減:
外周部の土台、柱、間柱には乾式注入材を使用しています。
パネル、構造用面材には、現場にて防蟻・防腐処理を行います。
 
乾式加圧注入処理  
温熱環境:
戸別に熱損失係数(Q値)、
夏期日射取得係数(μ値)の計算を行い、
Q値≦2.70、 μ値≦0.070 の次世代省エネ
基準である等級4を達成します。
また全棟気密測定を実施し、
C値≦1.0を達成します。
 
維持管理:
給水・給湯にはヘッダー方式+エスロペック配管、排水にはヘッダー方式+基礎貫通ユニットを使用し、床下点検口を基礎のグリッドごとに設けます。

ヘッダー方式給水・給湯システム


排水ヘッダー+基礎貫通ユニット


長期優良住宅のイメージ(木造住宅)

モデルルーム内



長期優良住宅の金銭的メリット

モデルルーム内
長期優良住宅法関連情報(国土交通省ホームページ)