目指すのは、強くてやさしい家づくり
イメージ写真

家を設計するということ

家の設計をしようとするとき、いちばん最初に考えるのが、間取りでは
ないでしょうか。
「リビングは広めにとって、対面キッチンにして……。
子どもが2人いるから、子供部屋は2ついるし、お客様が来られた時の
部屋もほしいわ」「でも、これじゃ、1階の面積が大きすぎるなぁ」など、
プランニングにはワクワクしたり、ガッカリしたり……。
そう、家の設計は大変むずかしいものです。間取りもとても大切ですが、
そのほかにも、構造やデザイン、日当りなど考えなければならないことが
山のようにあります。

設計の進め方

設計を進めるにあたり、どんな項目を検討して、なにを優先的に考えればいいのでしょうか?
コーラルハウジングでは、住宅の基本性能を確保しながら、お客様のご要望・ライフスタイルにあった
設計をしていきます。
まず大切なポイントは
構造、気密・断熱、採光・採風・建築法規、予算
次に…
間取り、動線計画、収納計画、将来計画、デザイン
さらに…
バリアフリー、プライバシーの確保、防犯、メンテナンス、ランニングコスト

コーラルハウジングの提案方法

「本当に満足のいく住まい」を実現するには、お客様とのコミュニケーションがもっとも大切です。
コーラルハウジングでは、お客様の「住まいに対する思い」を十分にくみ取り、プロとしてあらゆる角度から
検討を重ね、プランニングしていきます。
また、お客様が家づくりを具体的にイメージしやすいよう、模型を使って説明したり、カラーパースの作成や
パソコンを使ってのプレゼンテーションなども行っています。

ヒアリング風景   敷地調査   模型を使って構造の説明
ヒアリング風景   敷地調査   模型を使って構造の説明
CGによるイメージ提案   CGによるイメージ提案   詳細見積りのご呈示
CGによるイメージ提案   CGによるイメージ提案   詳細見積りのご提示
詳しくは「家ができるまで」参照
戻る