目指すのは、強くてやさしい家づくり

1.アキレス外張り工法とは

アキレス外張り工法とは、構造体(柱や梁、基礎)の外側に断熱材を張っていく外断熱工法です。
外断熱工法は、建物の断熱・気密性能を高めることにより、エアコンの負担を大幅に軽減します。
また、24時間計画換気システム「エアクル24」の搭載により、建物内に常に新鮮な空気を取りいれ、
効率よく循環させることにより、室内の上下の温度差をなくし、一年中快適な空間を保ちます。

基礎から屋根まで丸ごと外断熱 屋根部
土台部 壁部

2.アキレス外張り工法の特長

アキレス外張り工法は、
@ 家のなかの温度差が少なく、冬場の洗面所やトイレが寒くない
A 部屋の上下の温度差が少なく、冬に足元が冷たくない
B 高気密・高断熱なので、エアコン代が少なくてすむ
C 真夏の2階が暑くない
D 換気システムや断熱サッシの採用により、結露が発生しにくい
E 高気密で、遮音性が高い
F 計画換気で常に新鮮な空気を取りいれるので、家のなかの空気がきれい
G 外断熱で高気密・高断熱なので、壁内結露が発生しにくい

サーモグラフィ サーモグラフィ
アキレス外張り工法でエアコン暖房を
使用した場合の室内の温度分布。
部屋の上下の温度差がありません!
  在来工法(グラスウール充填工法)で石油
ファンヒーターを使った時の室内の温度分布。部屋の上下の温度差が10℃もあります!

3. アキレス外張り工法の家ができるまで

家の基礎部分では、防蟻処理バイオスAS基礎シートを使用します。バイオスAS基礎シートは、化学的な
シロアリ駆除剤を使わない「ケミカルフリー工法」で、人体に安全であると同時に、トランポリン効果による
ベタ基礎の強化にも効果があります。

バイオスAS基礎シートイメージ写真   バイオスAS基礎シートイメージ写真

基礎断熱には、TBボード工法を採用しています。
TBボードは防蟻性能をもつ基礎用の断熱材で、コンクリート打設時に基礎の外側に設置します。
これにより、施工の省力化を図るとともに、床下の安定した温湿度環境を維持します。

TBボード工法イメージ写真   TBボード工法イメージ写真

気密パッキンにより、基礎と土台のすき間をなくし、気密性を確保します。

気密パッキンイメージ写真   気密パッキンイメージ写真

屋根断熱には、50ミリ厚のアキレス屋根ボードを使用、ジョイント部分には粘着性と耐久性の高い
ブチルゴムテープを使用しています。

屋根断熱イメージ写真   屋根断熱イメージ写真

壁断熱には、40ミリ厚のアキレス壁用ボードを使用、ジョイント部分やサッシまわりにはブチルゴムテープを
貼り、すき間にはウレタンフォームを充填します。

壁断熱イメージ写真   壁断熱イメージ写真

気密測定を行ない、C値が1.0以下になっていることを確認します。
1.0をクリアするまで、空気の漏れている部位を特定し、ウレタンやテープにて処理します。



気密測定イメージ写真

4.外断熱工法にはノウハウが必要です!

気密性を高めるには、(1)ダクトなどのスリーブの処理 (2)壁と屋根の取り合い部分の処理 
(3)サッシまわりの納まり (4)基礎と土台の納まり (5)出隅・入隅部分の納まり
 などに技術が必要となります。
コーラルハウジングでは、そうした点についてさまざまな方向から検討を重ね、標準納まりや標準施工要領を
作成して、職人に徹底指導しています。

また、高気密・高断熱であるがゆえに、常に新鮮な空気を取りいれ循環させる計画換気が必要となります。
コーラルハウジングは、換気機器メーカーと共同で、建物全体を24時間換気するシステム「エアクル24
(実用新案申請中)を開発しました。 新鮮な空気を天井から給気し、汚れた空気を床下より排気することにより、
空気を入れ替えると同時に、室内における上下の温度差をなくします。

エアクル24

戻る