目指すのは、強くてやさしい家づくり
エアクル24(実用新案申請中)

システム概念図
[システム概念図 ]

コーラルハウジングのアキレス外張り工法に搭載されている
『エアクル24』は「24時間 全熱交換型 第1種換気システム」です。
屋外から取りこまれた空気は、高性能フィルターを通った後、
全熱交換器で排気と熱交換され、室内の温度に近い新鮮な空気として、
各部屋に供給されます。
室内を循環して汚れた空気は、床に設けられたグリルから床下に吸い
こまれ、排気ダクトを通って、小屋裏にある熱交換器まで運ばれ、
給気と熱交換されたあと、屋外に排出されます。

このシステムは、当社が換気機械メーカー「協立エアテック(株)」と
共同で開発したもので、以下のような特徴があります。

■省エネルギー
熱交換を行うため、冷たい、あるいは暑い外気が直接室内に入りこむことがなく、冷暖房費の削減につながります。
■快適性
室内の空気を床下を通じて排出するので、床下換気が行えます。これによって、とくに冬場は、暖房で暖められた
空気が部屋の上部に滞留するのを防ぎ、室内の上下の温度差を少なくできます。

熱交換器本体設置
〔熱交換器本体設置〕
■クリーン
高性能フィルターで外気の汚れ(花粉や粉塵など)を除去し、
室内を清浄に保ちます。
湿気や臭いも取り除く全熱タイプなので、長年使用しても、
ダクトが汚れる心配がありません。
■省メンテナンス
1・2階を1台の機器で換気するため、メンテナンスが容易です。
■低騒音機器
機器発生騒音が低く、静かな居住空間を実現します。
■デザイン性
居室内の給気口は小型のグリルのみで、すっきりとしたデザインです。

分岐チャンバー 断熱ダクト 熱交換器本体
給気グリル 屋外フード
コントローラー エアスリット
戻る