目指すのは、強くてやさしい家づくり
構造用集成材(EW:エンジニアリングウッド)

Neo-Basic Fb工法はランベックス社の木造合理化認定を受けた軸組工法で、構造用集成材(EW:エンジニアリングウッド)と接合金物を用いた、耐震性と耐久性に優れた工法です。
エンジニアリングウッドは木材の欠点である不均一性と乾燥収縮による反り・曲がりなど狂いの少ない優れた構造材で、プレカット加工機により精密に加工されます。

※最近、一部チラシ、雑誌などで、集成材の接着剤の強度不足を指摘していますが、JASの試験において、十分な強度と耐久性を持っていることが証明されています。

図 一般木材梁と構造用集成材梁の比較 図 構造用集成材と一般的な木材の品質の比較
構造用集成材は一般的な木材に比べクリープ(長い年月で徐々に撓んでくること)が小さく、長いスパンが飛ばせるようになります。   構造用集成材は一般的な木材に比べ品質にばらつきが少なく、信頼性の高い構造材であることがわります。
     
構造用集成材梁イメージ   NeoBasicFb工法
その集成材の接合には、特殊金物が使われます。 従来のホゾ接合では、断面欠損を生じますが(特に複数の方向から梁が接合される通柱で顕著)金物工法はその欠点を補うとともに、ピンによる接合のため、大きな地震でも抜ける心配がありません。
戻る