目指すのは、強くてやさしい家づくり

屋根・外壁

外壁の塗り替えは、現状の塗装材料と状態に応じて、塗り替える材料や工法が異なってきます。
また、クラック処理には、専用のコーキング材を使用し、適切に処理しなければなりません。
屋根の塗り替えは、スレート瓦の場合は特に、最終工程で重なり部分の縁切りを怠ると、湿気が逃げなくなり、野地が腐る原因となるので、注意が必要です。
屋根の葺き替えは、屋根勾配、重量なども考慮しながら、葺き材料を決める必要があります。

【施工例 1】
屋根・外壁例1
【施工例 2】
屋根・外壁例2
【施工例 3】
屋根・外壁例3
戻る