ネット・ゼロ・エネルギーハウス

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。
住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。
ZEHについて、詳しくご紹介いたします。

ZEHは一般社団法人環境共創イニシアチブが行っている支援事業です。
コーラルハウジングは長期優良住宅に加え、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)に取り組んでいます。
コーラルハウジングは「ZEHビルダー」に登録しています。
コーラルハウジングが建てる住宅のうち、ZEHが占める割合を2020年度までに50%以上とするZEH普及目標を掲げています。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)とは?

生活エネルギーを「減らして」「創って」0にする
使う電力よりも創る電力の方が多い、エコ住宅 それがZEH!
エネルギー収支ゼロ住宅=ZEH

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)とは
住宅の高気密・高断熱性能、省エネ設備機器、HEMS(ヘムス※1)、太陽光発電システム等を組み合わせ、エネルギー消費を上回るエネルギーを自宅で発電し、エネルギー収支をゼロまたはプラスにする住まいのことです。

※1 「Home Energy Management System」の略で、家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムのこと

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。

そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。
政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。

政府目標
住宅については2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)を標準的な新築住宅とすることを目指し、
2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す。
※エネルギー基本計画

なぜZEHが求められるのか?

エネルギーコストへの不安解消

石油危機(1973年)以降、各家庭でのエネルギー消費量は大きく増加(2013年で1973年の2倍)しています。
現状では、たとえ電力自由化がスタートしても、エネルギー消費量や電気代の大幅な低下が見込めるとは限りません。外部のエネルギー源への依存をやめれば、このようなエネルギーコストへの不安は解消されます。

年間エネルギー消費量 1973年→2013年 2.0倍増加!

家庭のエネルギー消費状況

2013年度調査一世帯当たりのエネルギー消費割合

2013年度の調査では、一世帯当たりのエネルギー消費量全体のうち、冷暖房がおよそ30%を占めています。
また、日本の一次エネルギーにおけるクリーンエネルギーの割合は未だ少ないのが現状です。

自宅で発電した電力だけを使う「自給自足の暮らし」が普及すれば、この現状を打破することできます。
これからは発電した電力は売らずに使い切ることが暮らしに役立つ自家消費優先の時代になります。
その実現のためには、昼間に発電した電気を夜も使えるようにするための蓄電システムが不可欠です。
太陽光発電、HEMSと組み合わせることでエネルギー自給自足の暮らしが可能になるのです。

電力は、「買う」時代から「創る」時代へ

ZEHの家を建てるには?

ZEH達成に必要なポイントは3つ
  • POINT1

    気密・断熱・遮熱

    気密・断熱・遮熱性能を向上して、エネルギー損失を最小限とする、夏は涼しく、冬は暖かい住宅を建てる。

  • POINT2

    省エネ

    家で消費する電力量を減らすために、HEMSや省エネ性の高い機器・照明等を取り付ける。

  • POINT3

    創エネ

    家で消費するよりも多くのエネルギーを創るために、太陽光発電でしっかり発電する。

蓄エネ 創エネした電力を貯めて発電時間以外にも使えるよう、蓄電池の利用が望ましい、とされています

※冷暖房設備、換気設備、照明設備、給湯設備のエネルギー消費量をそれぞれ計算し、合計して算出。

ZEHには国の補助金が交付されます

新しく家を建てる方がZEHの仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し、普及を促進しています。2012年から開始し、これまで約8500組※1のご家族が補助金を受け、ZEH仕様を導入しています。
これからの標準的住まいをおトクに建てるチャンスです。

※1 経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」より。
※2 2016年度の金額です。
※地域型住宅グリーン化事業補助金との併用はできません。

性能UP分の費用を補助 補助金定額125万円

コーラルハウジングが考えるZEH

実は国が定めるZEHの計算式には、家電の消費が含まれていません

国が定めるZEH
実際の生活

コーラルハウジングが考えるZEHは、家電消費量込みのZEH

コーラルハウジングのZEH

ZEH達成

コーラルハウジングでは、入居後の省エネアドバイスも行っております。
家電消費を効率的に抑え、ZEH実現をサポートさせて頂きます。

コーラルハウジングが考えるZEH

コーラルハウジングはさらにZEHを超え、「エネルギー自給自足」の電気を買わない暮らしを目指します。
省エネ生活をサポート

コーラルハウジングでは「発電量ー消費量=ゼロ」を達成するZEHのさらに一歩先の「電気を買わない暮らし=エネルギー自給自足の暮らし」をご提案します。
蓄電池を設置することで、電力を貯めて、必要な時に取り出して使う暮らしが可能になります。
もちろん、災害などの非常時にも安心です。